「世界の山ちゃん」で名古屋名物手羽先を食してきた!

グルメ

名古屋名物といえば皆さんはどのような食べ物を想像しますか?

味噌カツ、きしめん、あんかけスパ、ひつまぶし、天むす、名古屋コーチンなど色々ありますが、今回行ってきたのが「世界の山ちゃん」の手羽先です。

いまでは「世界の山ちゃん」は名古屋だけではなく日本各地に進出し、名古屋でなければ食べられないというものではなくなってきています。地元民だけどなかなか食べない名物もありますが、手羽先は名古屋人も好んで食す機会は多いと思います。逆にほとんど食べないと思うのが個人的な感想ではありますが「きしめん」や「天むす」、「あんかけスパ」でしょうか。馴染みが薄いと言うのでしょうか、あまり積極的に食べている人は私の周りでも少ないと思います。

「世界のやまちゃん」長者町店

今回行ってきました「世界の山ちゃん」は名古屋市内の錦にあります長者町店です。長者町店は名古屋市内の山ちゃんの中で一番大きいお店です。お座敷、掘りごたつ、テーブル、カウンター、いろんなタイプの席があります。名古屋の繁華街を歩いていれば必ず視界の中に入ってくるのが「世界の山ちゃん」。愛知県だけでも33店舗もあり、愛知県発祥なだけあって日本で一番店舗数が多いです。

では久しぶりの手羽先を堪能してきましょう!

平日夜19時ごろにお店に到着しました。さすがに平日はすんなりお店へと入ることができました。週末ともなると繁華街の「世界のやまちゃん」は待ちがあってサッと入ることは難しいかと思います。しかし、繁華街に複数の店舗があるため混雑していると近くの空いている別店舗を紹介してくれます。これはうれしいですよね!だいたいどのお店もカウンターがありますのでおひとりさまにも優しいですね。

長者町店は店内広々としておりました。テーブル席もカウンターもゆったりとくつろげます。

メニューチェック

メニューの表紙に大きく載っている「世界の山ちゃん」のマスコットキャラクターは創業者である山本重雄さんです。残念なことに2016年に急逝されてしまいましたが、その後は山本重雄さんの奥様が引き継がれています。

メニューを見ていきましょう。てんこもりに載ってるのが幻の手羽先、これがうまいんです。他にも数々のなごやめしが並んでいます。かなりのメニューがあるので優柔不断な私は選ぶのに困ってしまいますね。

2018年12月に「世界の山ちゃん」の新業態である「世界のやむちゃん」というお店が名古屋市栄にオープンしました。そのせいかメニューにも小籠包などの別メニューがありました。

とりあえず注文したのは幻の手羽先1人前5本(450円)、黒手羽先1人前3本(390円)、味噌串カツ1人前3本(300円)を頼んでみることにしました。

幻の手羽先の食べ方

幻の手羽先は二度揚げしていて外はカリッと中はジューシーで胡椒がきいていてスパイシーな味付けです。さて手羽先には食べ方があるのはご存知でしょうか?

箸の袋に食べ方があるので見ていきましょう。

まず手羽先を写真のように二つに分けます。

次に大きい身の方を持ってそのままがぶりと口に入れて歯で肉を引っ掛けるようにして骨だけを引っ張るとなんとすごくきれいに身だけが取れちゃうんです。少し残ってもしゃぶればきれいに取れます。

残った小さい方にも食べるところはあるのでここもしゃぶって食べると…

こんな感じで食べることができます。きれいに肉が取れるのでせっかく食べるのだから上手にきれいに食べたいですよね。

ちなみにわたしは小さい方は骨まで食べてしまいます。鳥の骨はわりと喉に刺さりやすく危ないですが「世界のやまちゃん」の骨は柔らかく食べれてしまいます(笑)しかしあまりおすすめはしませんのでご注意を!

黒手羽先と味噌串カツ

最初に注文した残り二品の黒手羽先と味噌串カツもご紹介。

黒手羽先は手羽先の唐揚げを濃厚なソースで味付けしたもので、こちらは幻の手羽先より柔らかくとってもぷりっぷりなのでおすすめです。味付けもかなり濃いめなのでご飯のおともに最適ですね。こちらの食べ方も幻の手羽先と一緒ですが手がソースでべちょべちょになってしまうのが難点でしょうか。

名古屋定番の味噌串カツはもう言うこともないでしょう。間違いないです。

締めはどてめし

最後はどてめし(430円)を頼んで締めてみます。合わせてオニオンスライス(280円)も頼んでみたのは年齢ゆえの最後の抵抗でしょうか(笑)

どっぷりに浸かった味噌ともつ、ご飯がまた合うんです。至福の瞬間。少し七味唐辛子をかければピリ辛で一層美味しくなります。

最初から最後までなごやめしを堪能した晩ごはんでした。

お会計

幻の手羽先1人前5本(450円)+黒手羽先1人前3本(390円)+味噌串カツ1人前3本(300円)+どてめし(430円)+オニオンスライス(280円)+お水(0円)=1850円(税込1998円)

まとめ

幻の手羽先は病みつきになってしまうぐらいどんどん食べれてしまいます。これにアルコールが入ってしまうと歯止めが効きません(笑)なごやめしも充実しており、このお店だけで全て網羅できるんじゃないかと思います。

お会計後に気づいてショックだったのがLINE Pay対応しているそうでポスターが貼ってありました。キャッシュバックもあるのでこれは是非とも活用したいですよね。数店舗対応していない店舗がありますので注意が必要です。名古屋にきたら一度はおいで「世界の山ちゃん」。

●店舗名:世界の山ちゃん長者町店
●最寄駅:鶴舞線・桜通線「丸の内」駅5番出口より徒歩3分、伏見地下街出口Dより3分
●住所:愛知県名古屋市中区錦2丁目6−23
●電話番号:052-232-1771
●営業時間:月曜日から金曜日17:00~0:15(ラストオーダー23:30) 、日曜日17:00~23:15(ラストオーダー22:30) 

●定休日:無し(年末年始は除く)

 

コメント